一澤信三郎 帆布@情報館 > スポンサー広告
一澤信三郎 帆布@情報館 > ニュース関連

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)

一澤帆布 信三郎氏を提訴

落ち着いたと思いきや、、、それにしても信三郎氏の方が大人ですね。記事を読む限りでは、もはや個人的な恨み、もしくはお金のためにしか思えてこないですね。この時期にこのような騒動を起こしていて、果たしていい品作りができるのだろうかと思いました。



産経新聞記事より引用

京都の人気かばん店「一澤帆布工業」(東山区)の相続をめぐるお家騒動で、同店を経営する長男の一澤信太郎氏(61)と四男の喜久夫氏(55)らが、新ブランド「一澤信三郎帆布」を設立した三男の信三郎氏(58)らを相手に、商標権侵害による損害賠償など、総額約13億円の支払いを求める訴えを14日、京都地裁に起こした。

訴状によると、信三郎氏は、一澤帆布工業株の約3分の2を信太郎氏らに相続させるという父の遺言の無効確認を求めたが、平成16年12月に最高裁で敗訴が確定。17年末に同社社長を解任されたが、職人らを引き連れて昨年4月、一澤信三郎帆布をオープンした。

信太郎氏側は、類似した商号を使われ競業により損害を受けたなどと主張。分裂により生じた損害約6億9000万円や、株主総会の決議なく信三郎氏らが受け取った役員報酬など計約11億円を請求。さらに遺産目録に計上されなかった資産の相続分など、計約2億円の返還も求めた。

信太郎氏は会見し「兄弟間とはいえ、信三郎のルール違反について清算すべきと考え、提訴に踏み切った」と話した。一方、信三郎氏は「すべて法的にも解決済みと考えている。無用な争いしている場合ではなく、ものづくりでお客の期待に応えていくべきだ」としている。



2007/02/15(木)

<<一澤信三郎帆布が1周年!一澤信三郎 帆布@情報館一澤帆布 営業再開>>

<<一澤信三郎帆布が1周年!一澤信三郎 帆布@情報館一澤帆布 営業再開>>



まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。